ホーム > Q&A

神棚と御宮(大神宮)は、違うものですか?

一般的に同じものです。
神棚といっても、通常は御宮全体を意味するものです。


何のお札をお祭りするのですか?

はじめに伊勢の大神宮のお札、天照皇大神宮(神宮大麻)をお祭りし、
次に氏神様(地元の神様)、次に崇敬する神社(どこの神社でも)の
お札をお祭りします。


扉の中に入らないお札は、どうしたらよいのでしょう。

一般的には天照皇大神宮、氏神様、崇敬神社の3体のお札を
入れればよく、家内安全、商売繁盛などのご祈祷札は
棚の上に置きましょう。
神社のお札は向かって右側に置き、寺のお札は左側に置きましょう。


外宮、鳥居等の取り付けはしてもらえるのでしょうか?

はい、お引き受けできます。


販売しているお宮は、ご祈祷済みでしょうか?

ご祈祷はしてありません。
一部のお店で売られているものには、そのようなことが書いてありますが、
それは何百本もある倉庫で一度にご祈祷しただけです。
お買いになったお宮は、お近くの神社でご祈祷することをお勧めします。


お札は毎年換えるのでしょうか?

1年の終わりにお近くの神社にお納めし、新しいお札をいただいてきましょう。


神棚は、いつ買ったらよいでしょうか?

以前は暮れに買って、お正月を迎えるものと言われていましたが、
現在は新築時、事務所開き等、お客様のご都合で買われる方が多くなりました。


古いお宮はどうしたらよいのでしょうか?

神社では古くから、儀式としてお焚き上げをしていましたが、
年々お炊き上げ等焼却は難しくなっています。
当店では、お買い上げのお客様に限り有料でお焚き上げをしています。


伊勢の大神宮のお札は、伊勢まで行かないといただけないのでしょうか?

全国の神社で頒布しています。詳しくはお近くの神社でお聞きください。


注連縄の向きはどのようにしたらよいのでしょうか?

地方によって違いもありますが、神棚に向かって右に太いほうが
来るように張るのが一般的です。
注連縄は年末、お札を新しくするときに一緒に取り替えます。


御宮の形によって、おまつりする神様が違うのでしょうか?

御宮の形が違うだけで同じです。
お客様の棚(サイズ)予算に合わせて選びましょう。
(荒神宮、恵比寿大黒宮は除く)

ページ上部へ

御宮・稲荷宮・向拝宮・祖霊舎・鳥居・神棚・神具のことなら何でもご相談ください。